あし@

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

☆リンクブログ☆

無料ブログはココログ

☆フルーツメール☆

トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

もやもやズラ事件

『ヘアコンタクト』をご存知だろうか?

頭部に直接対策を施すものではない部類のハゲ・薄毛の対策方法である。

イメージとしてはカツラの進化版。毛を着けた薄いフィルムのようなものを頭皮に装着する。

装着する当人にも、周囲の人間にも覚悟が必用な代物である。

今宵は、覚悟を決めてヘアコンに踏み切った、ある漢(おとこ)の物語をひとつ。

そのダンセーは、クロムハーツの大好きな、オシャメン(お洒落に力を入れるメンズ)だった。

しかし、30半ばにして頭皮が薄かった。だいぶ薄かった。

そのダンセーは、いつも帽子をかぶっていた。

しかし、そんなダンセーに対し

『帽子は頭皮に悪いので悪循環だ。頭皮のデススパイラルだ!!』

などと非情な正論をかましてはいけない。それは野暮というものだ。

本人も帽子によるムレが頭皮に与えるであろうリスクについては、重々承知だろう。誰よりも承知しているのさ!

承知の上で、それでもやはり現状を隠したい。という想いがより強く、考え抜いた結果としての苦肉の策なのだ。

そんな彼から1ヶ月ぶり位に連絡があり、食事に行くことになった。

知ってる店だった為、店内で待ち合わせをしたのだが、待ち合わせ場所に着き私は驚愕した。

かなり薄かった彼の頭が、美しい栗色のつやつやヘアになっていたのだ。

帽子も無かった。

フランス青年を彷彿とさせるそのヘアスタイルは、あまりに以前のイメージとはかけ離れたものだった。

私は、現状をなんとか把握し頭をフル稼働させた。

触れるべきか、触れざるべきか、触れるとしたらどのようなスタンスで触れるべきか。

失敗は許されない。両者共におおやけどの危険性大だ。

そして決心した。

あくまでヘアコンタクトなどではなく、あ、髪型変えたんだね!ちょっと明るい色にしたんだ!感じがだいぶ変わったね!

的なスタンスで行こうと。

その後は彼の返し次第だ。カミングアウトするもしないも、彼自身が決めればよい。私は彼の意向に全面的に従おう。

そして私が口を開きかけたそのとき、

彼が異様に明るい声で言った、

『気づいた?俺、ホクロ取ったのよ!!』

な……ホクロだと?!思いもよらぬ方向からのパンチに、私はまたしても混乱した。

え?ホクロ?あったっけ?どこに?

『ほら!ここにあったやつっ!』

鼻の脇あたりを指差す彼。

そういわれてみれば…でも、そんな些細な変化はこの際………

カ…カムフラージュ?カムフラージュなのか?!カムフラージュなのだな!

瞬間、私は悟った。

この問題における正解は『髪の件は完全ノータッチでいくこと』だったのだ。

帰り道、ひとつだけ些細な疑問が頭を離れなかった。

彼はなぜ、そこまでツヤツヤのものを選んだのだろうか。

察する文化に賛成!の温厚派なあなたも、そんな誤魔化し文化には嫌気が差しているんだ。というNewYotk styleのあなたも、よろしければ、応援の程よろしくお願い致します↓↓

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

ブルーEYESもやもや

一年に一度くらいなんだが、
めちゃくちゃ癖があるダンセーに、好意を持って頂くことがある。

その彼は、自分では否定していたが、いわゆるビジュアル系男子だった。

服のどこかに必ずチェーンがジャランッとついていた。

モロにカラコンなのに、地だと言い張っていた(そんな青い目の日本人いるかY O!)

ビジュアル系用語を日常場面で多様する
【ペルソナ・狂ったピエロ・ルージュ・紫煙・朽ちた花etc】

例:『僕は君のマリオネットじゃない!』

誕生日に赤い薔薇と…自作の詩をもらった。
目の前で『さあ、読んでみて』みたいな雰囲気になってしまっており、その詩を黙読した。
どうやら舞台は城であるらしかった。
しかし難解でよくわからず、しかも長い。
きわめつけは、
詩の中に黒いドレスを纏った私が実名で登場していた。
むろん、出演オッファーを受けた覚えはない。

絶句である。
向かいに座っている彼を盗み見ると、自信に満ちた笑みを浮かべ感想を待っている様子。
青い目が輝いていた。

絶体絶命だ。
彼を傷つけるわけにはいかない。
『ありがとう、こんな詩をもらったの…初めて…』
と私は苦し紛れのコメントをした。
2度目であってたまるかって話だが、彼は満足気であった。良かった。

結局、私のキャパシティーが足りず、疎遠になってしまった。

風の噂で聞いたのだが、彼は最近、丸の内のシガーバーに一人で頻繁に出没するらしい。
まだ青い目をしているのだろうか。

↓金曜夜のゴールデンタイムですね。嫌いな時間です。よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2009年5月28日 (木)

もやもやスッキリCM

http://www.youtube.com/watch?v=QgJ0ygVTBuI&feature=related

突然ですが、キンチョー『コバエコナーズ』のCMが好きです。↑↑コレです

ユーチューブで動画を見つけて、

何回も、何回も再生しています。(1ターン約15秒)

10回目で、

頭の中のもやもやがスッキリし、元気がでてきました。

20回目で、

そっくりに歌えるようになりました。来い、オッファー。

30回目位で、

『昨日何してたの?』などと他愛なく聞かれたとき、いつも執拗にモゴモゴ、ゴニョゴニョしてしまう理由がわかりました。

──とはいえ、人知れず習得した、この見事な裏返りっぷりを誰かに披露したくて堪らない。

↓ああ、今日も得るもの無かったよこのブログちくしょーと思われた方も、虫コナーズのCMで元気がでたぞ。という方も、よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

残念デートともやもや

『人生、取り返しのつかない失敗なんて滅多に無い』

などと良く言われますが、その通りだと思います。

しかし、

『デートにおいて、取り返しのつかない失敗』

というのは、結構あると思います。

お互いまだ良く相手のことを知らず、ちょっと意識し始めているような関係においては、

『ぎりぎりアウトっぽい』というカテゴリーに入る失敗が割と多いと思うんです。

まさにそれをしでかしました。

今日気になっている人とデートしました。

デート中、気のある人と過ごしているときって、まあ多少はぶりっこ…というかやっぱり良くみられたくて可愛い振る舞いを心掛けたりしますよね?

私なんぞでも恋愛モードに入れば、そういった状態になります。

そんな最中、しゃべろうとして

ガムを口からデュル~ンと出してしまいました。

先方とガッツリ目が合ってるときに、です。

向かい合って座っていたテーブルに、ポトンと落ちました。唾液まみれのガムが。

死にたかったです。

いろいろ不毛なことを考えました。

例えば『よくみたら彼女の鼻毛が少し出ていた』とか『鼻くそをほじくってる瞬間を見事おさえてしまった』というのは恋愛において致命的だと思います。

しかし、それらの衝撃の種類はいうなれば「ジャブ」の部類だと思います。人にもよりますが、まだ自分を誤魔化して見なかったことにする余地が残されているからです。

しかし、『会話中、ガム口からデュルン』は「右ストレート」です。

条件によってはKOに成り得る。そこがぎりぎりセーフかアウトの境界だと思うのです。

凹みました。

しかし、何とか立ち直りました。

悲劇を喜劇に変えるため、こうして日記に書いてみました。

前向きでしょう?

あと、今googleで口の周りの筋肉を鍛える運動のやり方を調べました。

前向きなのです。

↓週中で疲れもたまっている最中に、このようなバットニュースを聞いて頂いたうえで申し上げるのは誠に恐縮なのですが、よろしければ応援の程よろしくおねがい致します。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

マックアルバイト時代のもやもや

ひとつ前の記事で、

マクドナルドでアルバイトしていたときの事をかきました。

その当時、クビ寸前の失態を犯しました。

夕方、客足が途絶えたタイミングで、冷蔵庫にアイスクリームの補充に行きました。

厨房の奥に業務用巨大冷蔵庫があるのです。

私は甘いものが大好物。アイスはもっと大好物。

巨大冷蔵庫に入った瞬間、私はあっさり理性を失い、

売り物のアイスを食ってしまいました。

隠れて食べるアイスは、それはもう甘美でした。

すぐに2個目にいきました。

夢中でむさぼっていると、冷蔵庫のドアが開き、店長が立っていました。

店長はビックリしていました。というか引いていました。

その後はもうありきたりな話で、バックヤードでこってり絞られました。

帰り道、反省どころか、

『マックが伸びてるのは、安い時給で働いているアルバイターのおかげどぅあろ?(巻き舌)』

と息巻いていた、完全に社会のゴミ虫だった学生時代のエピソードです。

『そんなゴミ虫学生が大人になって、こんな日記をかいているんだ、なるほどゴミ虫は成長してもゴミ虫なんだ。』と真相に気づいてしまった鋭いあなたも、『学生なんてそんなもん!私もあるよ~。』とスマートに距離を取るのが上手なあなたも、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします↓↓

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2009年5月27日 (水)

マクドナルドアルバイトの裏ルールにもやもや

学生の頃、みんな大好きマクドナルドでアルバイトしていました。

今は無き、新○浜国際通り2号店です。

そこでは裏ルールなるものが存在していました。

ビジネス街中心にあったため、ランチタイムはかなり混雑します。

そしてその時間にはアイスティー、ウーロン茶の補充が間に合わずよく切れる。

だからといって、お客様をお待たせするなんて早い・安いがウリのマックでは言語道断。

裏ルール:アイスティー及びアイスウーロン茶のどちらかが切れていたときには違う片一方を注いでお出しする。

もし、お客様から『これウーロン茶なんだけど(若しくは、アイスティーなんだけど)』と言われたら、『も…申し訳ございません!!』と大げさに謝り、すぐに取り替える(そのころには新しく補充されている)

ちょっとどうなのよソレ…というもやもやルールなんですが、意外にもしっかり機能しておりました。

マックの香りがあまり無いドリンクで、しかもアイスだと意外と分からないのです。

↓よろしければ、応援の程よろしくお願い致します( ´_ゝ`)ノボンジュール

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

もやもや宗教団体

今日は思想の自由について、考えさせられる事件がありました。

今日、代々木公園で、カルト宗教の勧誘を受けました。

50歳くらいの女性の方でした。

すすすすっと瞬歩さながらに近づいてきて、実によい笑顔で話しかけてきました。

その女性の話の内容は、だいたい次のようなものでした。

『自分は今の教祖様を信じ、信仰をささげ続け、修行をしたから人間の本来持つ偉大な力を教祖様に引き出してもらう事ができた。』と。

で、私もやめとけばいいのに、どうしても好奇心を抑えられず

『それは例えば、どういった力なんですか?』

と聞いてしまいました。

すると女性は不敵に笑い、私が手に持っていたウーロン茶を指していいました。

『それを、偉大な力でほうじ茶に変えます。』

ちょ…何を言い出すのか、このご婦人は!

私は仰天しましたが、せっかくなので抜け目無く言いました。

『もしよかったら、ジャスミン茶でもいいですか?』

『ジャ…ジャスミン茶?!…い…いいですよ。』とご婦人。

だってウーロン茶とほうじ茶って紛らわしいじゃないですか。

そして、女性はそのウーロン茶に手をかざし、必死の形相で、なにやら唱え始めました。

しばしの時が経過し、女性はキッパリと言いました。

『変わりました、飲んでみてください。』

まさか、本当にジャスミンに?私はいささか緊張しながらそっと、かつてウーロン茶であったその液体を飲みました。

──完全にウーロン茶でした。

『どうですか?』

『いや…ウーロン…ですね…』別にこちらは悪くないんですが、なんか申し訳なくて遠慮がちに私は答えました。

そこで、ご婦人から信じられない一言。

『でも、ちょっとジャスミン、入っているでしょう?』

強いですこの方。ゴリゴリに押してきます。そんな、ちょっとキムタク入ってる、みたいに言われてもねぇ。

『いや、ジャスミンの感じは…正直ちょっと分からないですね…』

見た目も、味も、香りも、まごうことなきウーロン茶なのだから、ご婦人の言い分はかなり苦しい。

どうするのだろうこのご婦人。と少し心配になってきた。

そこでまた、仰天の一言。

『でも、舌触りなんかがジャスミン、入っているでしょう?』

いやいやいや…それは苦しいYO!!

もうさすがに譲るしかなかった。この方は諦めないだろう。

『まあ、言われてみれば、位ですけど…変わったかもしれません…』

不本意ながら、私は言った。

ご婦人の目がパッと輝いた。

『でしょう?これが偉大な力です。』

うん私の完敗だ。

ご婦人は教団のパンフレットを私の鞄にねじ込み去っていった。

---------------------------------------------------------------

私は代々木公園からの帰り道『思想の自由』について考えた。

個人の思想は自由であり、その自由の怖い面として『無限の責任』がくっついてくる。自由だからこそ責任にも限りが無い。

『全財産を教団に寄付して、ウーロン茶をほうじ茶に変える偉大な力を手に入れること』に、大きな価値を見出す。(その力の真偽は、ここでは大きな問題ではないと私は思っている。まあ私が見た限り、間違なくアレでしたけど、あくまで彼女の主観として)

ということは彼女にしてみれば正義であり、重要な価値がある。それが彼女の思想だ。

その思想を、他人が否定することはできない。

そのかわりに、彼女は自分が思想に基づいて行動したことの責任を、全て自身で引き受けなければならない。

その責任を、他人が引き受けることはできない。

帰り道に、ジャスミン茶を買った。

↓一緒に思想の自由に想いを馳せて頂けた方、よろしければ応援の程よろしくお願い致しますヽ(´▽`)/

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2009年5月26日 (火)

恋わずらいもやもや

友人で、

私に、実は気があるっぽい男の子がおり、

とても良い奴なので、男女の仲になってこじれたりしたくはないなぁ…などと悩み、

でも、自分を異性として特別に見てくれているということなどを踏まえると、それってすごくありがたい事な訳で、

もしかしたら、ちょっと私もその人の事が気になってるのかな…?などと意識してしまったりして。

結局、…まあ、違ったということが分かった。

It is 勘違い だったわけですよドチクショウ。

良かったよ…いや…マジでさ…

誰かに相談とかしてなくて、本当に良かった。

危うく、赤っ恥さらすところだったYOっ!!

も…もやもやもや。

↓痛い勘違いなんて、誰にでもあるさ、そうして成長していくものさ。と温かく笑って下さる方も、正直ちょっと引いちゃった方も、よろしければ応援のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

2009年5月25日 (月)

もやもや加圧トレーニング

突然ですが、
加圧トレーニングの効果は素晴らしい。
生まれて初めて程よく筋肉がついたボディになれた。

代謝がすこぶる良くなって、
悩んでいた冷え性も改善された。
結構食べているが、体脂肪が約5年ぶりに20%ジャストに下がった。
1ミリずつ憧れのラブコメ女王、キャメロン・ディアスに近づいている。
常にメラメラだ。

ただ、ひとつだけ心配事がある。

これから本格的な夏が来る。

いたずらに代謝の良い、この身体では、

だだの汗っかきキャラではないか?

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへにほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

↑↑ランキングに参加しています。よろしければ、ご協力をお願い致します。

続・ふくよかな彼氏の思い出

ひとつ前の記事で、ふくよかな彼氏との思い出について共有させて頂いた。

反響があった(と思い込んでいる)ので、続編をば。

もし読まれていなければ、ひとつ前の記事、

『ふくよかな彼氏の思い出~何かに屈するも人生~』http://m-5ff342d5ad9cdf00-m.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-c15f.html

を是非先に読んで頂ければと思う。

____________________________________________________________

・二人そろって『デブネタ』にナーバスになる件

一緒にテレビを見ていた。

ホンジャマカの石塚が誰かの問いに対し『え~便器って消耗品じゃないんですか~?』と返した。

面白かった。

笑いたかった。

ふくよかな彼が笑わなかったので、私は笑いをかみ殺した。

・観覧車がリアルに傾いた件

inお台場アウトレット。

まさかとは思ったが、本当に傾いた。

『カップルで観覧車』は、高度が上昇してゆくどこかのタイミングで、何かしら理由をつけて、どちらかが席を移動し高度最高点では同じ側に並んで座っているのが定石だ(だって、その為の乗り物でしょう?)

否、絶対それはやめておくべきだ。と比較的早いタイミングで両者が悟った。

向かい合っている状態で、既に傾いていたのだから。

私は不自然にならない程度に、なるべく前のめりの姿勢になり体重調整を計った。

が、焼石に水であった。

思いやり?

NON!!

傷つけるのが、怖かっただけさ。

↓↓観覧車が傾いたときの焦燥を分かって頂けた方(もちろん想像の範囲内で)よろしければご協力お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月23日 (土)

ふくよかな彼氏の思い出~何かに屈するも人生~ 

以前、ふくよかなダンセーと付き合っていたことがある。

因みに、私は『人間は中身派』 (でも、こう言っている輩のことは絶対信じない) なので、ふくよかも、ガリガリも、清潔感があればオーケーだ。

しかし、いくら愛していてもちょっと仰天(もやもや)することはある。

今宵は、そんなふくよか彼氏とのメモリーを共有させて頂きたい。

・股ずれによりデートをキャンセルされた件

デート当日、彼から電話が『ごめん、股ずれになった!もう痛いのなんのって…(略)今から病院行って来る』

うん病院行ってきてくれ是が非でも。こんなキャンセル理由では怒れるわけもなく、温かく見守った次第である。

そして夕方またメールが

『軟膏もらったから塗っといた!うう、染みる…』

なんと、かわいそうに。軟膏が効き、早く股ずれが直ることを祈るより仕方なかった。

・彼のダイエット中のある事件

さすがに体重のことを気にしだして、ある日彼はダイエットを始めた。

私も協力する気満々だったのだが、いざ食事に行くと、食べるのが好きな私を気遣い彼は通常どおり注文。

しかし、ほとんど私しか食べてないため料理は半分以上余っている状態。

2杯目のお酒を注文して私はトイレに立った。

……と帰って来て目を見張る。大量に残っていた料理がほとんど無くなっていた。

おそらく、私が席をはずしている間に彼が猛スピードで食ったのだ。

『お帰り』という彼に『美味しかった?』などと聞けるわけも無く、

『もう、はじめちゃん全部食べちゃったの?』と金田一少年の美由紀のように悪戯っぽく叱る勇気もなく。

……二人でデザートを注文したのだった。

デザートを食べている間『デ○、まっしぐら!』という単語が頭から離れなかった。

ー彼はその日、いともたやすく己の食欲に屈した。

ー私は彼を傷つけたくない、というあさはかな偽善に屈した。

早食いは、ダメ、絶対。

【お詫び】土曜の晩に、このような青春のメモリーにご協力頂き有難うございました。

↓ちょっとホッコリしていただけた方、宜しければご協力をお願い致します(゚m゚*)

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

バリ青年と恋ともやもや

バリ旅行に行ったときの話。(まだお金持ちだったころさ( ´・ω・`))

『ホテル・マヤウブト』という、名前のとおりウブド(山側)にあるリゾートホテルに宿泊した。

そのホテルで、まさかのドキドキ体験が待っていたのである。

担当コンシェルジェの、いわゆるホテルマンがスーパーイケメンだったのだ

そうだな、イメージは元SMAPの森君を…あ、ちょ…待ってページ閉じないでっ!!!

イメージは、水嶋ヒロをバリ風にした感じです。

で、こちらは女二人だったので片言の英語でいろいろ聞いたりして、かなり仲良くなりました。え?ガツガツしてるって? 何とでも言ってください。コチとらこれだけが楽しみで…

で、年が近かったのもあり、仕事が空いた時間に車で観光に連れて行ってくれたり、いい感じに距離感を縮めていったわけです。

そんな中、事件が起きました。

私がホテルのレストランで何かしらにあたり、食中毒になってしまったのです。

すぐにホテルの部屋に医者を呼んでもらい、薬とかを飲んだり何だかんだで、なんとか症状は治まりましたが、薬の副作用と疲れで次第にウトウトしてきました。

と、そのとき部屋に森…水嶋ヒロ(バリ風)が駆けつけました。

彼は私のベッドに腰掛け、心配そうにこちらを眺めて言いました。

『How are you feeling?』(大丈夫?)

私は、ごめん、もう大丈夫だよ、ありがとう!というような事を伝えました。

すると彼は物憂げに微笑んでこういいました。

『アイム ベリー ウォーリー(とても心配だ)』

『ビコーズ ユー アー マイ フレンド!!』(たっぷり一語一語ためる感じで)

私は身体が弱っていたのも助け、とても感動し、なんて優しい青年なのだろうと胸がいっぱいになりました。

しかし、その後部屋にひとりになって気づいたのです。

私が寝ていたベッドの後ろは前面、鏡になっていた。

そして、さっきはそれ程気にならなかったが、私に話しかけている間中、彼の目がそちらにチラッ、チラっとせわしく泳いでいた。ということに。

その後も共に行動する際に注意してみて見ると、備え付けの鏡から、窓ガラスに至るまで、

彼は、まず鏡を逃さない(ミラーチャンス。)

すきあらば、公共の場でも筋トレをしている。

お気に入りのマイ角度を持っている(斜め45°のやや下から目線を常に狙ってくる)

…と、かなりのナルキッソスであることが判明。

結局、そのバリ青年との日々はある意味とても楽しく過ごせたのだが、節々で

『おまたせ~…?!え、 筋トレしてるーーーーっ!

などというシチュエーションに、いちいちもやもやを感じずにはいられなかった。

今となっては良い『もやもやメモリー』の1ページのお話でした。

↓バリ青年に感じたもやもやに共感頂けた方、よろしければご協力お願いいたします(*´ェ`*)

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

もやもやヒーロー祭り

あなたの周りに、『ヒーロー』はいるだろうか?

確かに『ヒーロー』だ。しかし、いわゆる『ヒーロー』と何かが違う。決定的に違う。

そんな『ヒーロー』を我々はこう呼ぶ、

『もやもやヒーロー』と

今日は私の出会った『もやもやヒーロー』たちをご紹介しよう。

・一人でモツ鍋

寒い日だった。その店は味噌モツ鍋がうまい有名店だったが、平日ということもあり込み具合はそこそこ。

私は友人とそのモツ鍋屋で夕飯を食べていた。1杯目の焼酎を飲み終わったとき、その漢(おとこ)は現れた。

彼は一人だった。後から連れが来るものだろうと思ったが、ずっと一人だった。しかも彼は味噌モツのうまい店で、あろうことかチゲ鍋を注文。

まっすぐ鍋を見つめながら慎重にニラを沈め、ニラに火が通ったのを確認するやいなや中火に…実に慣れた手つきであった。

私は思った。彼は『モツ鍋はひとり派』なのだと。

そして群れるのが好きで周りを気にしてばかりいる我々日本人とは一線を画している存在である。と。

私は人知れず、彼を『もやもやヒーロー』として認定した。

・フレッシュを求める男

彼は私が何度か食事に行ったことがあるダンセーだ。

いわゆる、自分のアイデンティティーを『エグゼクティブである』ということに求めるタイプである。

食事をするのは高級レストランやホテルのバー。

そして彼は、酒が飲めない。

ホテルのバーでは必ずこう言う『フレッシュの○○ジュースで。』

かっこいいではないか。

フレッシュじゃなければ、ダメ、絶対、主義なのである。

しかし、ある日たまたまそのダンセーと『マクドナルド』に入った。

まさかとは思ったが彼は言った。

『フレッシュのグレープフルーツジュースで』

ね・え・YO!!!

飲みたきゃ自分で絞れ!! …と店員さんは思ったに違いない。

フレッシュへのこだわりも、ここまでくると世間知ら……ヒーローだ。

私はその彼をもやもやヒーローと認定した。

↓私の周りにも『もやもやヒーロー』いるっWW という方、よろしければご協力お願い致します

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月22日 (金)

漫画好きもやもや

以下、一つでも当てはまる人は要注意!

私ですか?
全部当てはまりますが、何か?

…さあ、チェキラ!

・リアルの人間関係に、当然漫画上の人物をあてはめている

・脳内で、ロイ・マスタング大佐と付き合っていた若しくは付き合っている。

・誰も知らないが、実は二つ名を持っている。

・ソウルソサエティに行く方法をgoogleで検索したことがある。

・つい、リアルの会話で『ハガレンで言うならば…』
『ブリーチでいうところの…』などの引用をしてしまう。
で、相手がいまいち納得していないと悲しさに襲われる。

・いつからか、俳優やタレントなどに萌えなくなっていた
で、『好きな芸能人は?』などと聞かれ一応ちょっと好きな俳優などの名前を言ってみるが、本当に好きな人(キャラ)を裏切っているような気がしてしまい独りでセンチメンタルになる。

・連載終了を何より恐れている。



↓当てはまった悲…ラッキーなあたな、よろしければワンクリックお願い致します

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月21日 (木)

25歳のもやもや

初投稿の記事中でも、申し上げましたが、

私は今年25歳になりました。

本日、久々に本当に久々に鳥肌がたつ経験をしました。

『鋼の錬金術師のOPを見ていて』です。

素晴らしいです。これはディズニークオリティーを凌駕している。

そして主題歌(Yuiのagain)と映像が余すところなく、絶妙にリンクしている。

とりあえず30回くらい見て、

一人でテンション上がりすぎて、

さすがにちょっと疲れて、

もうすぐ26歳の大人であるということをにわかに思い出して、

非常に複雑な気持ちで、今この記事をかいています。

↓そんな経験、あるある!という駄。。無垢な大人の方、よろしければご協力お願い致しますヽ(´▽`)/

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

弾丸デブに感じたもやもや in目白

昨日、19時過ぎのJR目白駅の階段で事件は起きた。

私は駅構内の階段を上りきったところだった。

ふと前を見ると改札を抜けこちらに猛ダッシュしてくるデ。。ふくよかなダンセーが視界に入った。

私は驚いてすぐさま避けようとした。しかしそのデブは速かった。

そして異常なスピードで私に突進してきた。

車体(80キロ越えは確実だった)が重い上に猛スピードだったものだから、それはもう凄い威力だ。

正確には肘から入る感じで私の腹に肘鉄をかまし、その後きゅきゅっと実に機敏な動きで直角に方向転換し、弾丸のように階段を駆け下りて行った。

『ちょ。。。いてて。。。』痛む腹を押さえて私は目の前で起こった出来事について分析した。

その弾丸デブはメチャクチャ急いでいて、方向転換時のスピード減速を免れる為に私をクッションとして利用したのだ。

そして殆んど減速することなくカーブを曲がり、まんまと時間短縮に成功したのだ。

そう、ちょうどマリオカートを想像すると分かりやすい。

加速に加速を重ね、最高速度に達したクッパが鬼のようにドリフト走行している様を想像して頂きたい。

ああ、なんと非情で合理的なデブであろうか。

改札を抜け目的地に向けて私は歩き出した。

時間差で腹に受けた弾丸デブの肘鉄が効いてきて、うなり声を漏らしたのは言うまでもない。

弾丸デブがゴール直前で、英雄ドンキーコングによるバナナの皮の制裁を受け派手にクラッシュすることを祈るしかなかった。

↓駅構内をドリフト走行する弾丸デブは許せない!という意見に同意して下さる方、よろしければご協力お願い致します(゚m゚*)

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月20日 (水)

もやもやブログタイトル

『もやもや』をテーマにした、当該ブログを開設するにあたって、
ブログタイトルに悩みました。

候補として

・モヤモヤ・オブ・ジョイトイ

・もやもや鳥クロニクル

・限り無くもやもやに近いブルー

・冷静ともやもやの間

・もやもやキングダム

・もやもやGメン

・もやもやホールディングス


などが挙がっていました。

え?全体的にパクリで古い?センスナッシング?

ほっといて下さい。

てか全部完全オリジナルですから。

古いとかそういうんじゃ…ないですから。

ブログタイトルに悩んだ思い出を共有いただけた方、よろしければワンクリックお願い致します(○゚ε゚○) にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

『これだけは言わせて』の濫用に感じたもやもや

『これだけは、言わせて』

という言い回しは、本当に主張したい点について相手に言及する場合には有効です。

注意しなければいけないのは、

この言葉を濫用してはならないということ。

先日あるダンセーとちょっとした言い合いになりました。

私はあきれて、もう帰ろうとしました。

あまりに主張がかみ合っていないので、ちょっと距離を置くべきだと思ったのです。

そこで、ダンセーは言いました。

『わかった、でも最後に、これだけは言わせて。』

私は彼の主張を聞くことにしました。

議論の核となる部分です。真剣に、聞きました。

しかし、そのダンセーの主張はだらだらした説明の連続で、的を射ていないばっかりか論点が多岐に渡り、

『これだけ』がどの部分を指すのかも、皆目分かりませんでした。

私は、もやもやしながらも、ころあいをみて話を区切り『お互いに少し考え改めてまた話そう』と提案をしました。

すると、ダンセーの口から再びこのセリフが出ました。

『わかった、でも、これだけは言わせて。』

ヲイヲイヲイ!!!勘弁してくれYO!!!

しかし、その気迫に待ったをかける術はなく、また同じような話を聞くこととなりました。

何とか話を終わらせ、帰り道。例によって私はもやもやしました。

『これだけは言わせて』について考えました。

そしてひとつの結論にたどり着きました。

そのダンセーはおそらく『これだけは言わせて』というセリフだけは言いたかったのでしょう。

ああ、スッキリ。

↓もやもやの濫用は控えるべき!に同意いただけた方、よろしければご協力お願い致しますにほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

もやもやアンラッキー

お気に入りの漫画キャラの似顔絵を密かに描いていたもの(本気度:高)を見つけられ、あろうことか家族全員にまわされていました。

あんまりだ。

母に、『上手じゃない。』と言われました。

妹に『本気度高いね。』と言われました。

私は無言でした。

あんまりだ。

今日のあんまりな出来事でした。

↓私もあるある。という稀有な不幸を共有していただける方、一票よろしくお願い致します。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月19日 (火)

家族もやもや

家族の意外な一面を、ひょんなことで突然知ってしまうようなことがある。


妹が『オカルト研究会』なるサイトを開設していた。
管理人 < オカルティ。
しかも栄えていた。


ああ

なぜ勝手に部屋に入ったりしてしまったんだろう私は
あまつさえ、机の上のPCに目を向けたりしてしまったのだろう。

オススメコーナーは
『はじめての黒ミサ』

更新したばかりらしく、新着トピックは
『呪い返し古今東西』であった。

そっかそっか。
そうだよな、いいんだ。

実は、お姉ちゃんも友達や家族や将来の配偶者には見られたくない,
変な、もやもやについての日記を書いているんだ。

血は争えないものだな。

自分の道を進めばいいんだ。
オカルティとして。

↓宜しければ、ご協力のほどよろしくお願いします。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月18日 (月)

もやもやカフェ

カフェにて、
大好物の『かぼちゃとチキンのサンドウィッチを注文したら、
ツナがきたよ。
びっくりしたよ。

可愛い店員のお姉さんが困っていたので、

『あ、こっちで大丈夫ですよっ』って
ツナサンドを受け取った。
おもむろに食べ始める。
うんツナだねこれは。ツナの味がするもの。


でも、悔しいなぁ

あの店員はおそらく、
自分の犯した罪の大きさに、気付いちゃいないんだ。

↓宜しければ、ご協力をお願いいたします(○゚ε゚○)

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月17日 (日)

もやもやオークション

オークションで欲しいものがあり、本日ずっとPCの前にかじりついていました。

どうしても欲しかったし、
そう、日曜日だけど、デートとかそういうの我慢してでもどうしても欲しかったしねっ!
ずっと粘っていたのです。

資金力及ばず競り負けました。

なるほど結局お金なのですねどちくしょう。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月16日 (土)

もやもやハーフ

カフェに入ろうとしたら
先に入った端正な顔立ちのハーフの人がドアを押さえていてくれました。
あんまりドキドキさせるんじゃないよ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

もやもやトラジェディ

あの人とこの人。
あの人と私。
『笑いの嗜好が違う』

ということがあります。

これはもう、ひとつの悲劇です。

裁くのは、あなたでも私でもない。(よろしければ吉岡秀隆風にどうぞ)


私がお笑い好きだと知った同僚に、

ハイテンションで『ワカチコ、ワカチコ~ッ!!』言われてどや顔されても、

私には為す術がないのです。
でも
悪いのは、あなたでも私でもない。

喜劇と悲劇は常に隣合わせなのです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村 にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

2009年5月15日 (金)

もやもや恐怖体験

資料請求するだけで、お金くれるって書いてたので
まんまと請求しました。



そしたら、ごついオッサンが家にやってきました。
怖かったです。


すごくベルを鳴らすので居留守を決め込み、じっと冷蔵庫の隅に丸まっていました。

もう少しで、持っていかれるところでした。


もう二度と資料など請求するものか。


も…もやもやもやもや。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村

投稿もやもや~トラップ~

深夜に、一人PCに向かい。
面白い記事が書けたと思って勇んで投稿したのに、
次の日見たら自分でも引くくらい面白くなかった。
恐るべしエンペラータイム。(am2:00~am4:00)

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村

2009年5月14日 (木)

寂しい夜を凌ぐ一冊~死にたい~

毎度もやもやさせてばかりで申し訳ありません。

本日はもやもやをスッキリ吹き飛ばす一押しのもやもや解消図書をご紹介いたします。

『死にたい(バジリコ株式会社)』

これで何度寂しい夜を凌いだことでしょう。

お笑い系掲示板サイト『死にたい』に投稿された短文に、編集者タナトスさんがコメントを書き加ている、という本です。

以下、『My Favorite 死にたい』を本書より、抜粋し引用させていただきました。

_____________________________________

・IZAMのコスプレをしていたことがある。死にたい  

>若さゆえの過ち

・『部長』を『ぶちょん』と間違えて呼んでしまった。死にたい 

・吉野家とすき屋と松屋をローテーションの日々。死にたい

・自分が主人公のノンフィクション自作漫画を家族に見られた。死にたい

>フィクションであっても痛いことに変わりなし

・カップルの間を自転車で引き裂いたらとても楽しい気分に。死にたい

>道幅狭いのに並んでゆーっくりあるかれてうしろで渋滞が起きてることに気づきもせずあははうふふと自分たちの世界に浸り続けあまつさえこっちが仕方なくベルを鳴らしてみれば邪魔すんじゃねえよといった風情で露骨に不快感を堪えた視線を飛ばしてくっるあの連中にどんどんやると良いよみんなも

・痩せたらモテるわけではなかった。死にたい

・兄がアニメ評論家としてテレビにでていた。死にたい

>どれみTシャツとか着てたり

・友人たちが騎馬を組んでマックのドライブスルーへ。死にたい

・父がトイレから出てきて『 I am 下痢 』と言っていた。死にたい

>父 is 馬鹿

・『送りバント顔』って言われた。死にたい。

・親父が2チャンネルで『エロ動画うpキボンヌ』と書き込みしてた。死にたい

>親子でキボンヌ

_____________________________________________

以上『死にたい』より引用させて頂きました。

内容はほんの一部です。

人生の小さな不幸せは、我々が大きな不幸を乗り越えていくのを助けてくれる。

――エッシェンバッハ

今宵もお付き合い頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村

ドラマdeもやもや

・BOSS
キャストがほとんど離婚弁護士である件、

あと刑事ドラマなのにオープニングがおかしなことになってる(お洒落して、みんなでシャンパンかつーん!)

・銭ゲバ
最終回に、もやもや
2パターンの回想シーンが延々続く
そんな演技の幅みせられても(松山ケンイチの)

・韓流ドラマ全般
とにかく三角関係が好き!
で、競り負けた方がなぜかわぁ…って位ひどい目に合う。

・ラブゲーム
いつ『お逝きなさい』って言うかドキドキしちゃった
・法律事務所
右京さんが見え隠れ

・探偵学園Q
学園なのに要潤だけえらい年喰ってる、

また、初回では侍語が完全に浮いており(まさかのござる調W)

制作者側も『これ違う』と感じたらしくにわかに標準語になりキャラも今風兄キャラに様変わりしていた件、


・涙そうそう(あ、これは映画だ)
これは完全にまさみちゃんのPV。

ターゲッティングとニーズ把握というものをしっかり理解していなければ映画はつくれないんだ。

もやもや もやもや



モロに制作費を削られた感が出ていても、
最終回がほとんど回想だった。という裏切りをうけても、

ドラマ大好き!
お付き合い頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村

2009年5月13日 (水)

ハリウッドもやもや

今宵のもやもやは、お待ちかねの『ハリウッド編』でございます。
みんな知ってるあの映画から、ちょっぴりマイナーものまで。
奮ってハンティングして参りました。

『国内のもやもやだけじゃ満足できない!』という欲張りなあなた、

どうぞ!!

・ラストサムライ
時代錯誤は承知で武士道に生きる愚直な男・渡辺謙の英語力がベルリッツすぎる件。
もやもや

・キルビル
逆に、お前らはもうちょっと日本語をがんばれ(爆)。
服部半蔵が寿司屋で鍛冶屋で沖縄在住って、何事?
もやもや

・バットマンビギニング
チベットde忍者。
もやもや

・タクシー2
エンジンかけるときの掛け声が「ニンジャー!!」。
もやもや

・007は2度死ぬ
ボンドの変装がヒドい件。もやもや

・ナルニア国物語
サンタ出現のタイミングがヒドい件。
もやもや

・ジュマンジ ※ハリウッドか微妙だが『何度目だジュマンジ』の二つ名を持つことで有名。
ヒロインの顔がヒドいw
もやもや

以上!
お気に入りのもやもやは、ございましたでしょうか。
う~ん、もやもやもハリウッドクオリティー。

お付き合い頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村

マニアックもやもや~誰かが誰かの理解者 byミッドタウンクリスマス 2008 ~

本日は、日常で感じた若干マニアックな『ピンポイントもやもや』です。

当該もやもやに関しましては、私が主観と偏見でもやもやを感じたものであり、作品を否定するものでは断じてありません。    

※愛する作品ばかりです。

・映画『どろろ』中井貴一が悪魔との契約でイナバウアーした瞬間、もやもや

・映画『4日間の奇跡』石田ゆり子が演じた真理子のキャラクターが最後までさぐりさぐりだった件、もやもや

・推理アニメ『名探偵コナン』犯人の殺害動機に、もやもや

・『金田一少年の事件簿』与えられた情報ではおよそ推理不可能だったトリックと真相に、もやもや

・人気コミック『ブリーチ』、登場人物の顔がだんだん長くなる件、もやもや

 また、38巻より登場人物の上唇がいやに強調されはじめた件、もやもや

・『ハンター×ハンター』を、もう、随分待ち続けている件、もやもや

・村上春樹『国境の南、太陽の西』を読み終わって、勇んで下巻を買いに行ったら上下巻ものでは無かった完結だった。 もやもや

・久しぶりに見たら、コロ助のキャラが思いのほか幼かった、もやもや

・ドラえもんの教育スタンスに、もやもや

・ドラマ『相棒』が、変わってしまった件についてもうこれ以上考えても仕方がないことは分かっているというのに…、もやもや

以上、誰かがわかってくれるさ! 

『ピンポイントもやもや』でした。

お付き合い頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村

髪型もやもや もやもや度☆☆☆

分かってる。
そう分かってた。
髪質とか髪量って、
人によって全然ちがうし。
あと…顔だってちがうし。
顔、ちがうし。

全く同じになるなんて、思って無かったよ?

うん、そんな風には全然思ってなかった。
だから…


だからそんな目で見るな。
やはり雑誌の切り抜きなど持って行くべきではなかった。という、もやもやに☆3つ。
どうもありがとうございました。

2009年5月12日 (火)

キースの一言『彼はまるで見た目は子供、頭脳は大人・・・』 もやもや度☆☆☆☆ 

本日のもやもやは、先日TV放送された奇跡のコラボ、『ルパンVSコナン』のお話です。

私は名探偵コナンもルパン三世も小学生のときから大好きです。かなり好きです。

だからこそ・・・・。そう、だからこそやるせなかった。

数々のブログや映画レビューで数多の意見が飛び交いました。

ので、敢えてこの場で作品コンセプトやキャラクターの役回りについて語ることは致しません。

今回は、もやもや最高値をたたき出したあの瞬間、についてのみ書かせていただきます。

そうです。キースです。

コナンの言動を見ていたキースが、終盤でシリアスに呟いた一言

『彼はまるで、見た目は子供…頭脳は大人のようだ。』

い・・・言っちゃったYO!コナンのオープニングきめ台詞を、ルパンサイドのシリアスなキャラクターにモロに言わせてしまったYO。

もう、この瞬間オープニングから徐々に高まっていた『もやもやボルテージ』が最大値を記録したのは言うまでもありません。

盛大に吹きました。

本日は、ちょっぴりハートウォーミングなもやもや。にも関わらず☆4つ!!

『・・いいから、言ってみ?』 もやもや度☆☆

『どうした、なんか元気ないじゃん?』

デート中にそんな台詞を吐。。。言われた経験ありませんか?別に普通なのにもかかわらず。

で、『え?全然そんなことないよ〜』(こちとらネクラなんだよ、これでも全力で社交的に接してんだYO!)

『なんだよ、なんか悩みでもあるのか?』

『いや、本当に何にも無いんだよ、ごめんごめん』

『でも、いつもより元気無いぞ』

『そう?いつも通りだよ、本当にそういうことないから!気にしないでよ』

・・・

と、このように、不毛な気遣い合戦が始まってしまうわけです。

で、ちょっと静かになって、分かってくれたかと思った矢先、彼から出た言葉。

『・・・いいから、言ってみ?』

はい頂きました〜。ここが、もやっとポイントです。

何にも無いって言っとるや・ろ・がっ。悩みを無理やり絞り出せというのか、歯磨き粉チューブのように。

兄キャラのダンセーに多いようです。

で、その場はなんとか冗談めかしてスルーして、

もやもやも徐々に薄らぎ、あらぬ心配掛けぬよう、

できるだけ闊達に振る舞い楽しいひと時。

しかし、帰り際に、とどめの一言

『・・・あんまり、溜め込むんじゃねえぞ』(ここで、大抵ダンセーはどや顔入ります。)

も・・・もやもや、もやもや

帰り道、私はもやもやで一杯になるのです。

奴のそれは『気遣い』などではないぞ、と。真の『気遣い』ってなんぞ、と。

この度のもやもや度は☆2つです。お付き合い頂き、ありがとう御座いました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 貧乏OLへ
にほんブログ村

自己紹介とごあいさつ

お初にお目にかかります。

『くくろびん』と申します。

このブログでは、恋愛、人間関係、テレビ、漫画など、日常で直面するありとあらゆるもやもやと向き合い、検証していきたいと思っております。

一緒にもやもやしたり、すっきりしたり、時にはぷぷ・・と笑って頂ければ本望でございます。

本日は『もやもや戦記』初投稿ということで簡単に私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

【名前】くくろびん

【性別】女

【年齢】25歳

【住所】神奈川県川崎市

【大好物】丸美屋ふりかけごはん(丸美屋でなければ、ダメ、絶対)、すなぎも、もやもや

【好きな言葉】『貪欲たれ。』

【好きな漫画】ギャグマンガ日和、ハンターハンター、パタリロ

【好きなタイプ】普段は松山ケンイチかな、とか無難なこと言っているけど実は漫画に出てくる人が好きなんだ。ブリーチの浦原喜助とか鋼の錬金術師のヒューズ中佐が本当は大好きなんだ。本当は声を大にして友達に言いたいんだ。もやもや。

【嫌いなタイプ】『○○ちゃんて本当は寂しがり屋な人でしょ?わかるよ。……え?違う?あ、あ~なるほどね、そっちの意味で取らせちゃったか~、ごめんごめん、違くて違くて○○というニュアンスで言ったんだYO!!俺、そういうの何となく分かっちゃうからさ!』

もやもや

【ブログを開設した動機】

・もやもやが好き。もっともやもやを貪欲に追求したい。

・日常のもやもやを、そろそろ一人で抱え込めなくなってきた。

・もやもやを一人でも多くの人と共有したい。

という想いから。

以上、簡単な内容ではありますが少しでも私の人となりをご理解頂けましたでしょうか。

こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメント、FBお気軽に頂けると嬉しいです。

トップページ | 2009年6月 »